« リバプール、ベニテス監督退任にショックのGKレイナ | トップページ | ウルヴズ、4度の昇格を経験する31歳FWイウェルモがバーンリーへ移籍 »

2010年6月 8日 (火)

イングランド代表、呪われた思いのW杯欠場DFリオ・ファーディナンド

Ferdinand feeling 'cursed'
 ルステンブルクでの練習中にFWエミール・ヘスキーとの衝突で膝靭帯を損傷し、検査の結果、6週間の離脱のため、ワールドカップ出場を断念することになったマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFリオ・ファーディナンド(31)は、まるで呪われたかのような思いに駆られているようす。

 リオ・ファーディンドの代理人は、

 「リオは言っていました、『誰かが俺を呪ったんだと思う』と。正直なところ彼はそう感じています」

 「リオはかなり落ち込んでいます。何故自分がこんな目にあったのか理解できないようです」

 「この怪我は彼が今まで負ってきた怪我の中でもどうしようもなかったものです」

 「全くもって不思議なことでした。本当に不運です」

 「リオは体がキレている感じていましたし、ワールドカップへの準備は万全でした」

 「彼は長い間、イングランドの優勝に貢献してやるんだと、この大会を心待ちにしていました。彼は十分に自分を管理して準備をしていました」

 「ただ、彼は非常に強い男です。彼は帰ってきます」

 「私は、彼は4年後、次のワールドカップでイングランドをリードしているだろうと確信しています」と、コメントした。

 同選手は今シーズン、背中の怪我に苦しみ、リーグ戦は13試合にしか出場できていなかった。

 Written by Marek


【新発売】PS3 ワールドサッカー ウイニングイレブン 2010 蒼き侍の挑戦

[サッカーショップ加茂]イングランド2010『V JAPAN』オフィシャル対戦国マーク入りアウェイユニフォーム

|

« リバプール、ベニテス監督退任にショックのGKレイナ | トップページ | ウルヴズ、4度の昇格を経験する31歳FWイウェルモがバーンリーへ移籍 »

イングランド代表」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/35147601

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド代表、呪われた思いのW杯欠場DFリオ・ファーディナンド:

« リバプール、ベニテス監督退任にショックのGKレイナ | トップページ | ウルヴズ、4度の昇格を経験する31歳FWイウェルモがバーンリーへ移籍 »