« アストン・ヴィラ、GKアンディ・マーシャルと再契約 | トップページ | 欧州選手権予選、イングランドがFWデフォーのハットトリックで快勝スタート! »

2010年9月 6日 (月)

マンC、暗黒のシティから抜け出したFWロビーニョ

Robinho's parting shot
 先週マンチェスター・シティから移籍金1,800万ポンドでイタリアのACミランへ移籍したブラジル代表FWロビーニョ(26)。シティでの苦悩の生活を吐露した。

 ロビーニョは、

 「ヒューズ(前監督)もマンチーニ(現監督)も僕のことを理解してくれなかった」

 「たぶん彼らはスポーツの観点でしかものごとを見ていなかったんだ。でも、僕はそれでは不十分だったんだよ」

 「選手とクラブの間でも関係が希薄だった」

 「もの凄く事務的だったよ。練習に来てはさようなら。試合に来てはさようなら、といった感じだった」

 「僕はブラジル人だ。生活面でハッピーじゃないとベストパフォーマンスは出せないよ」

 「これは僕にとっては問題だったんだ。僕は特別なフットボーラーだからね。プレーしているときもハッピーでいる必要がある」

 「レアル・マドリードではそうだった。でもシティでは全くだったよ」

 「マーク(ヒューズ前監督)が去ってから、マンチーニが僕に信頼を置いてくれるとは思えなかったよ。ローン契約でサントスへ行くことは最善の策だった。もしシティに残っていたら、ワールドカップではプレーできていなかっただろうからね」

 「あのローン移籍は大成功だったよ。彼ら(サントス)は僕のローン期間を延長しようとしてくれた。でも、シティは僕を売ると決めたんだ」

 また、マンCの野望とマンチェスターの気候について、

 「僕が(レアルからマンCに)来たとき、シティのダイレクターは僕に話したよ、数年のうちに(マンチェスター)ユナイテッドを超えるってね。でも、しばらく時が過ぎても、何も変わっちゃいない」

 「マンチェスターはフットボールにおいては刺激的だよ。でも住むには最悪の場所だ。冬なんて、寒いし夜は暗いし。ブラジルの若者にとっては本当にきついよ」

 「プレミアリーグは疑いなく世界最高峰だ」

 「スタジアムは常に満員で、雰囲気も信じられないほど凄い」

 「ただ、フットボーラーみんながイングランドでプレーできるわけじゃない。外国の人間にとっては気質が違いすぎるということもあるからね」と、コメントした。

 Written by Marek

カカ直筆サイン入りジャージー

カカ直筆サイン入りジャージー

価格:84,499円(税込、送料別)

|

« アストン・ヴィラ、GKアンディ・マーシャルと再契約 | トップページ | 欧州選手権予選、イングランドがFWデフォーのハットトリックで快勝スタート! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/36567882

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、暗黒のシティから抜け出したFWロビーニョ:

« アストン・ヴィラ、GKアンディ・マーシャルと再契約 | トップページ | 欧州選手権予選、イングランドがFWデフォーのハットトリックで快勝スタート! »