« チェルシー、ファーストチームで輝き始めた17歳MFジョシュ・マケークラン | トップページ | アーセナル、テクニックでチェルシーを上回りたいベンゲル監督 »

2010年10月 3日 (日)

マンU、心を痛める失意のエースFWウェイン・ルーニー

Rooney - I'm hurting
 2010ワールドカップでは失望を味わい、今シーズンはピッチ外での問題、ピッチ上での不調に苦しんでいるマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニー(24)。“Sky Sports”の独占インタビューでその心情を率直に語った。

 ルーニーは、

 「つらい日々が続いているよ。だけど、俺はベストを尽くせる状態に戻れるよう、これを乗り越えていかないといけない。俺のフットボールを見せられるようにね」

 「俺はただの人間だよ。傷つくこともある。でも、これを乗り越えて、自分の思い通りにフットボールをプレーできるようにならないといけないんだ。そうすれば他のことも全て落ち着くはずなんだ」

 また、2010ワールドカップについて、

 「心の持ち方は良かったんだ。フィジカル面でも問題はなかった。なんでいいパフォーマンスができなかったのか分からないんだよ。今日まで未だに悩むんだ。この先ずっと不可解なままだろう、なぜいいパフォーマンスができなかったかについては。あのパフォーマンスは自分のレベルの半分にも達しなかった」

 「散々なワールドカップだったよ。ワールドカップでは自分の望む調子に達していなかった。それは自分でもよく分かる。不満が残るし、本当に残念だよ」

 「俺はまだ幸運な方だよ。またワールドカップで取り返す時間があるんだから。何人かの選手にとっては最後のワールドカップだった。だから、チームとしては本当に残念だったんだ。個人的に、自分のパフォーマンスにもがっかりしている」

 「このことを忘れて、前に進むよう努めないといけない。でも、明らかに難しいことだよね。世界で一番大きなトーナメントに行き、自分の実力を証明しようとする。チームのためにいいプレーをしようとする。俺たちはそれが果たせなかったんだ」

 「俺はそれが果たせなかったんだ。受け入れがたいよ。(EUO)予選ではいいプレーをできるよう努めるだけだ。そしてEUROで取り返す。だけど、それを果たすまでは、この失意の感情は常に心に残る」と、コメントした。

 ルーニーは今シーズン、ウェストハム戦でのPKでしかゴールを決めておらず、現在は足首の怪我のために戦列を離れている。

 エヴァートンでその名を轟かせた若き少年は名門マンチェスター・ユナイテッドでも絶対的エースとして躍動。スピード、パワー、テクニック、アイディア、ビジョン、得点力、全てにおいてトップレベル。そしてピッチ中を全力疾走するその献身と闘志でサポーターからは絶大な支持を誇る。世界中が恐れる赤い悪魔の悪童、ウェイン・ルーニーのプレーは以下をクリックしてご覧ください。


♪Flashlight – Darren Styles
♪Down – Jay Sean(feat. Lil Wayne)

 Written by Marek

|

« チェルシー、ファーストチームで輝き始めた17歳MFジョシュ・マケークラン | トップページ | アーセナル、テクニックでチェルシーを上回りたいベンゲル監督 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/37055628

この記事へのトラックバック一覧です: マンU、心を痛める失意のエースFWウェイン・ルーニー:

» ルーニー、退団の意向=ファーガソン監督認める―マンU [サッカーはエンターテインメントだ!]
【ロンドン時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督は19日、来季終了後に契約が切れるFWルーニーが退団する意向であることを認めた。クラブ公式サイトによると、同監督は「彼の代理人が再契約はしないと電話で伝えてきた。ショックだった。信じられない」と語った。... [続きを読む]

受信: 2010年10月20日 (水) 13時35分

« チェルシー、ファーストチームで輝き始めた17歳MFジョシュ・マケークラン | トップページ | アーセナル、テクニックでチェルシーを上回りたいベンゲル監督 »