« CLハイライト、グループリーグ第3節 | トップページ | マンU、退団希望FWルーニーの理由とは... »

2010年10月22日 (金)

エヴァートン、GKハワードはギャラクシーFWドノヴァンの1月復帰を歓迎!

Howard backs Donovan return
 昨シーズン、MLS(アメリカリーグ)のオフシーズンに当たる1月にローン契約でエヴァートンへやって来ては10試合2得点を記録し、ファンが選ぶ1月の最優秀選手に輝いたLAギャラクシーのアメリカ代表FWランドン・ドノヴァン(28)。ドノヴァンは今季もエヴァートンでのプレーを考慮しており、エヴァートンのアメリカ代表GKティム・ハワード(31)も当然の如く救世主の再来を歓迎している。

 ハワードは、

 「みんなにとってうまく働く不思議な状況だったよね。ビジネスやフットボールにおいていつも成立するようなことじゃない」

 「監督はファンタスティックな選手を手に入れた。ファンは彼を愛した。彼はいいプレーをした。そして、MLSとギャラクシーは彼をずっと失うわけではなかった」

 「オフシーズンだった。彼はハイレベルでプレーするチャンスを得た。今年もまたそうならない理由が見つからないよ。(昨季)私たちは楽しんだよ。彼もね」と、コメントした。

 ドノヴァン本人は、

 「ノーとは言えないだろうね。あそこに戻って、またプレーしたいと本当に望んでいる」

 「ただ、今の段階では、前よりは少し不確かだよ。僕はかなり長い1年を過ごしてきたからね。でも数週間休めば分かるよ。どんな感じか様子を見ていく」

 「前回デイヴィッド・モイーズに呼ばれたときはこの上なくワクワクしたよ。適度の休息は確実にとらないといけない」

 「あそこでは受け入れられたと感じたし、愛されてると感じたよ。僕のプレーを認めてくれたと思う」と、コメントしていた。

 エヴァートンは2004年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍金2,400万ポンドでFWウェイン・ルーニーを売ったときの条件として、ユナイテッドがルーニーを売った場合にその移籍金の25%を受け取ることになっている。

 相変わらずギャラクシーにはドノヴァンを売る気はない様子だが、ユナイテッドがルーニーを売却した場合、エヴァートンはドノバンの完全移籍を狙いに行くかもしれないとみられている。

 思うようにいかなかったドイツでのヨーロッパ初挑戦。そんな過去を払拭すべく再び大西洋を渡って来た。その果敢でスピーディーなドリブル突破、鋭く高精度なクロスとシュートで、不調にあえいでいたエヴァートンを瞬く間に蘇らせたアメリカからの救世主、ランドン・ドノヴァンのプレーは以下をクリックしてご覧ください。

(2010W杯)

(LAギャラクシー&アメリカ代表)

♪Faint – Linkin Park

 Written by Marek

|

« CLハイライト、グループリーグ第3節 | トップページ | マンU、退団希望FWルーニーの理由とは... »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/37341811

この記事へのトラックバック一覧です: エヴァートン、GKハワードはギャラクシーFWドノヴァンの1月復帰を歓迎!:

« CLハイライト、グループリーグ第3節 | トップページ | マンU、退団希望FWルーニーの理由とは... »