« マンU、心を痛める失意のエースFWウェイン・ルーニー | トップページ | チェルシー、アーセナル入りの可能性もあったFWドログバ »

2010年10月 3日 (日)

アーセナル、テクニックでチェルシーを上回りたいベンゲル監督

Wenger - We can handle Blues
 日曜日にチェルシーとのロンドンダービーを戦うアーセナル。アーセン・ベンゲル監督は自分たちのフットボールでチェルシーを圧倒してしまおうと考えているようす。

 アーセナルは過去のチェルシー戦17試合で2勝しか上げられておらず、2007年カーリングカップ決勝、2009年FAカップ準決勝でもチェルシーに敗れている。

 特にFWディディエ・ドログバはアーセナル相手に10試合で12ゴールを決めているが、ベンゲル監督は、

 「フットボールはフィジカルだけじゃない。インテリジェンス、テクニック、モビリティ(機動性)がある」

 「1つじゃない。だから面白いんだよ」

 また、アーセナルはMFセスク・ファブレガス、DFトーマス・ヴェルメーレン、GKマヌエル・アルムニア、DFセオ・ウォルコット、FWロビン・ファン・ペルシーを欠き、FWドログバに対してはDFセバスティアン・スキラチとDFロラン・コシエルニーのセンターバックで挑むことになりそうだが、

 「チェルシーの1人の選手に気を取られてはいけないと思う。彼らにはゴールを決められる選手が他にもいるからね」

 「大事なのはうちがボールを保持すること、試合を支配すること、そして効率よく守ることだ」

 「うちにとってベストな守備とは、攻撃につながる守備だよ」

 「ボールを長く持って、持っていないときにはいい組織を形成しないといけない」

 「うちは支配されてはいけないんだ。自分達の試合をプレーすることが大事だよ」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« マンU、心を痛める失意のエースFWウェイン・ルーニー | トップページ | チェルシー、アーセナル入りの可能性もあったFWドログバ »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/37055715

この記事へのトラックバック一覧です: アーセナル、テクニックでチェルシーを上回りたいベンゲル監督:

« マンU、心を痛める失意のエースFWウェイン・ルーニー | トップページ | チェルシー、アーセナル入りの可能性もあったFWドログバ »