« チェルシー、アンチェロッティ監督は退任報道を否定! | トップページ | トッテナム、DFガラスは握手を拒否したアーセナルMFナスリを気にしない! »

2010年11月24日 (水)

リバプール、DFグレン・ジョンソンはホジソン監督と問題なし!

Johnson clears the air with Roy
 リバプールのロイ・ホジソン監督が今シーズンのイングランド代表DFグレン・ジョンソン(26)はイングランド代表らしいプレーをできていないと公の場で指摘したことが取りざたされていたが、両者は確執を否定し、グレン・ジョンソンは自分がまだベストの調子に至れていないことを認めた。

 グレン・ジョンソンは、

 「僕を信じてくれよ。ベストの状態に戻ることを一番望んでいるのは他の誰でもない、僕なんだ。自分が何をすべきかは分かってる」

 「監督は少し注意してくれただけだよ。彼は僕に本心を話してくれた」

 「僕らは話し合ったよ。彼は僕のためを思ってのことだったと説明してくれた。僕に発破をかけるためにね。それで僕は彼に言ったよ。人に言われなくても、自分の調子のことは分かるって。僕はもう全部分かっていたってね」

 「監督は僕の力を信じていると言ってくれた。僕らは話し合って、分かり合えたよ。あのようなコメントはたまに、本人が意味しているよりネガティヴに聞こえてしまうことがあるんだ」

 「監督はネガティヴな意味ではなかったと説明してくれた。僕は今よりもっとできるということを言いたかっただけなんだよ。僕から力を引き出したかったんだよ」

 グレン・ジョンソンは怪我のためにウェストハム戦の前の7試合を欠場していたが、

 「怪我したいなんて思う選手はいないよ。怪我には本当にイライラさせられた。あんなに長く離脱することになるとはね」

 「でも、日曜日はより僕らしいプレーができたよ。僕にとって厳しいシーズンになっていると思う。でも、他のたくさんのチーム、たくさんの選手にとっても厳しいシーズンなんだよ」

 「今までやってきたことを続けていくだけなんだ。以前の調子を取り戻そうと頑張るだけ」

 「前の7試合はプレーしていなかった。プレーしていなければ調子を上げていくなんてありえないんだ。だから、特にイライラが募ったよ」

 「シーズン序盤はしつこいけがに悩まされた。安定してプレーできていなければ、調子に影響してくるよ。僕は言い訳はしない。だけど、困難なときだってあるんだ」と、コメントした。

 グレン・ジョンソンは3-0の勝利を収めた日曜日の古巣ウェストハム戦で1ゴールを上げ、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれていた。

 チェルシーでの不遇の日々を経て行き着いたポーツマスの地で大ブレイク。クラブでも、すっかり定着したイングランド代表でも類まれな攻撃センスを遺憾なく発揮しているグレン・ジョンソンのプレーは以下をクリックして御覧ください。


♪Pieces - Sum 41

(リバプール)

♪Take back the city – Snow Patrol

 Written by Marek

|

« チェルシー、アンチェロッティ監督は退任報道を否定! | トップページ | トッテナム、DFガラスは握手を拒否したアーセナルMFナスリを気にしない! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/37814083

この記事へのトラックバック一覧です: リバプール、DFグレン・ジョンソンはホジソン監督と問題なし!:

« チェルシー、アンチェロッティ監督は退任報道を否定! | トップページ | トッテナム、DFガラスは握手を拒否したアーセナルMFナスリを気にしない! »