« プレミアリーグハイライト、第11節 | トップページ | リバプール、ヘンリー新オーナーから選手へ警告 »

2010年11月10日 (水)

アストン・ヴィラ、ウリエ監督は舌戦の続くFWカリューと話し合いへ

Houllier set for Carew talks
Houllier labels Carew 'stupid'
Carew hits out at Houllier
 先週、メディアを通じてアストン・ヴィラのジェラール・ウリエ監督とノルウェー代表FWヨン・カリュー(31)との間で舌戦が勃発したが、ウリエ監督は同選手との話し合いの場を設けるようす。

 ウリエ監督は、

 「彼と話すよ。もちろんね」と、コメントした。

 事の発端は、先週ウリエ監督がこう発言したことだった、

 「ヨンの契約は終わりに差し掛かっている。彼には望みを叶えるチャンスがある。彼がこのクラブへの残留を望んでいるのか、他のクラブへの移籍を望んでいるのかは分からないがね」

 「いずれにせよ、彼はショーウィンドウで目立つためにベストの状態でいなければならない。」

 この発言に対しカリューは、

 「もし彼が私に契約を懸けて戦わせたいのならば、私に直接話すべきだ。メディアを通してではなくね」

 「私への敬意に欠けているよ。毎週私の名前を歌ってくれるファンに対して失礼だ」と、反論したと報じられている。

 これを受けてウリエ監督は、

 「彼は愚かだと思う」

 「どうしてそんなことが言える?私は彼に対しても、誰に対しても敬意を欠いていないよ」

 「彼にとってのいいチャンスかと聞かれたので、イエスと答えた。何と言ってほしかったんだい?ノーか?」

 「ヨンは過去にすがって生きていると思う」

 「彼は自分の成績を見直すべきだよ。今までプレーしてきて、どれだけ長くプレーしてきたのか、どれだけ多くゴールを決めてきたのか」

 「私は彼に対して敬意を欠いていない。だが、そんなことを言う彼こそ、私に対して敬意に欠けているよ」

 「私は彼の能力を疑わない。私は過去を生きてなんかいない。彼の怪我は私たちにとって非常に不運だったよ。私は彼の能力を認めている」

 「もし彼が、私がイエスと言ったことが敬意に欠けていると考えているのなら、私はすまないとも言わない」

 「彼は試合に集中すべきだと思う。うちは今、困難な状況にあるんだ。十分にポイントを獲得できていない」と、コメントしていた。

 Written by Marek

カカ直筆サイン入りジャージー

カカ直筆サイン入りジャージー

価格:84,499円(税込、送料別)

|

« プレミアリーグハイライト、第11節 | トップページ | リバプール、ヘンリー新オーナーから選手へ警告 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/37608887

この記事へのトラックバック一覧です: アストン・ヴィラ、ウリエ監督は舌戦の続くFWカリューと話し合いへ:

« プレミアリーグハイライト、第11節 | トップページ | リバプール、ヘンリー新オーナーから選手へ警告 »