« プレミアリーグ、結果(28日)マンUがドロー!マンCが勝ち点で首位に並ぶ! | トップページ | プレミアリーグ、結果(29日)チェルシーが7戦ぶり勝利!アーセナルは勝ちきれず… »

2010年12月30日 (木)

ニューカッスル、移籍騒動に揺れたDFスティーヴン・テイラーが2016年まで契約延長!

Taylor commits to Magpies
 現行契約満了が今季終了時までと迫り、夏には放出リストに載せられたことで去就が注目されていたニューカッスル・ユナイテッドのイングランド代表DFスティーヴン・テイラー(24)がクラブと新たに5年半契約を結んだ。

 スティーヴン・テイラーは、

 「クラブとの新たな長期契約に合意できて最高に嬉しいよ。自分のキャリアで重要な時期をニューカッスル・ユナイテッドで過ごすことになった」

 「小さい頃にこのクラブに入ったんだ。地元のクラブでプロとしての野心を叶えられそうな気がする」

 「この数カ月、全てを解決する希望を失ったことはなかったよ。ここに残って、このファンタスティックなクラブでフットボールをプレーするという希望をね」

 「契約交渉の間、僕をサポートし続けてくれたファンに感謝したい。黒と白のユニフォームを着て、自分のプレーで彼らに恩返しをしたいよ」

 「まだ感謝したい人はいる。僕をチームに返り咲かせてくれたクリス・ヒュートン。初日からクラブに残ってほしいとはっきり意思を示してくれたアラン・パーデュー。合意に至れるよう動いてくれた役員やクラブ幹部。そして、常に心から僕の最善を考えてくれた代理人のポール・ストレットフォード」と、コメントした。

 また、ニューカッスルのパーデュー監督は、

 「私は常にスティーヴン・テイラーの力を信じてきた。彼にここへいてもらうことは必須事項だった。彼はまだ若い。彼はジョーディーだ。そして、トップクラスのディフェンダーだよ」

 「彼はあの年齢の割にはいろんな試合でプレーしてきている。ヨーロッパでもプレーしているし、U-21代表では自国のキャプテンも務めている。これはみんなに覚えておいてもらいたいね」

 「スティーヴンはこの先長くうちのディフェンス陣の心臓となりうる選手なんだ。だからこそ、彼が残ってくれるというのは最高の知らせだよ。ここに就任したとき、私はこれを最優先事項の1つにしていた。スティーヴンはこのクラブに残ってもらう必要のあった選手なんだ」と、コメントした。

 スティーヴン・テイラーは、最近ではアーセナルの移籍が噂されていた。

 Written by Marek

|

« プレミアリーグ、結果(28日)マンUがドロー!マンCが勝ち点で首位に並ぶ! | トップページ | プレミアリーグ、結果(29日)チェルシーが7戦ぶり勝利!アーセナルは勝ちきれず… »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/38267003

この記事へのトラックバック一覧です: ニューカッスル、移籍騒動に揺れたDFスティーヴン・テイラーが2016年まで契約延長!:

« プレミアリーグ、結果(28日)マンUがドロー!マンCが勝ち点で首位に並ぶ! | トップページ | プレミアリーグ、結果(29日)チェルシーが7戦ぶり勝利!アーセナルは勝ちきれず… »