« CLハイライト、グループリーグ最終節 | トップページ | マンC、マンチーニ監督はFWテヴェスとの確執を否定! »

2010年12月10日 (金)

アストン・ヴィラ、ウリエ監督のFWオーウェンへの愛情は変わらず

Houllier reiterates Owen love
 アストン・ヴィラのジェラール・ウリエ監督は、かつてリバプール時代に一緒だったマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマイケル・オーウェン(30)をチームに呼ぶ考えがあることを明かした。

 2004年にウリエ監督と揃ってリバプールを離れたオーウェンは、来年の夏でユナイテッドとの契約が切れる。

 ウリエ監督は、

 「是非、彼をここに連れて来たいよ」

 「チームにとってプラスになる。彼のプレーへの姿勢は喜ばしいものだ」

 また、リバプール時代に現在レアル・マドリードに所属しているポルトガル代表MFクリスチアーノ・ロナウドを狙っていたことを明かし、

 「U-21トゥーロントーナメントで彼を見た。うちは獲得に動いたよ。だが、うちには給料制限があった。彼の望む給料を払えなかった」

 「その後、マンチェスター・ユナイテッドが(当時ロナウドが所属していた)スポルティング・リスボンと親善試合をして、あのチームの選手全員がサー・アレックス・ファーガソンに提言したんだ、『彼を獲るべきだ』とね。だが、私は給料制限を破らなかったことに納得しているよ。それをすると控室で問題が起きたかもしれないからね」

 「新戦力が実力を発揮できないことがあるってことは分かっている。もしかしたら、うちはロナウドとタイトルを勝ち取れたかもしれない。だが、うちにはハリー・キューウェルがいた。当時は傑出した選手だったし、ハングリー精神に溢れていたよ。だが、彼はひどい怪我をしてしまった」

 「以来、彼は以前のような自信や意欲を持てなくなってしまった」と、コメントした。

 かつてほどの快速はもう見られないかもしれない。しかしリバプールで100ゴールを達成した天性の得点感覚は今なおトップレベル。弱冠18歳で世界を震撼させたワンダーボーイに輝かしい日々は帰ってくるのか。マイケル・オーウェンのプレーは以下をクリックしてご覧ください。


♪Spybreak! - Propellerheads

 Written by Marek

|

« CLハイライト、グループリーグ最終節 | トップページ | マンC、マンチーニ監督はFWテヴェスとの確執を否定! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/38021914

この記事へのトラックバック一覧です: アストン・ヴィラ、ウリエ監督のFWオーウェンへの愛情は変わらず:

« CLハイライト、グループリーグ最終節 | トップページ | マンC、マンチーニ監督はFWテヴェスとの確執を否定! »