« アストン・ヴィラ、ウリエ監督のFWオーウェンへの愛情は変わらず | トップページ | アーセナル、守備組織の向上を見据えるFWアルシャヴィン »

2010年12月10日 (金)

マンC、マンチーニ監督はFWテヴェスとの確執を否定!

Mancini plays down City spats
 1-0で勝利を収めた土曜のボルトン戦にて、マンチェスター・シティのロベルト・マンチーニ監督が、途中交代で下げたアルゼンチン代表FWカルロス・テヴェス(26)とタッチライン際で口論となっていたが、同監督はテヴェスとの確執はないと主張した。また、練習中の選手間の衝突についても問題を否定した。

 マンチーニ監督は、

 「大したことじゃない」

 「選手がピッチを去るのを嫌がるのは嬉しいことだよ。彼は本当に重要な選手。だが、私は決断しただけだ。正しい決断だったと思っているよ」

 また、練習中にFWマリオ・バロテッリとDFジェローム・ボアテンクが衝突したことについて、

 「バロテッリをチームに入れたことは難しい決断ではなかったよ」

 「金曜のことは何でもない。どのチームでも毎日起こるような普通のことだ」

 「それに、マリオはボルトン戦でいいプレーをした。彼に足りな方のはゴールだけだ」と、コメントした。

 小柄ながらも野獣のような強靭な体格を誇る。そして驚異の運動量で前線を猛烈に駆け回り、力強くかつテクニカルなドリブルで基点となる。類稀な得点感覚、得点能力で狙った獲物は逃さない。ウェストハム、マンUと行く先々で奇跡を引き起こしてきたアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズが生んだ天性のストライカー、カルロス・テヴェスのプレーは以下をクリックして御覧ください。

 Written by Marek

|

« アストン・ヴィラ、ウリエ監督のFWオーウェンへの愛情は変わらず | トップページ | アーセナル、守備組織の向上を見据えるFWアルシャヴィン »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/38021940

この記事へのトラックバック一覧です: マンC、マンチーニ監督はFWテヴェスとの確執を否定!:

» 【安すぎ】理由は不明(笑)だけどすっごい安いの発見 [【地デジ】大画面テレビ送料のみ!まちがってるんじゃね?【祭り】]
ちょっとなに言ってるかよくわかんないですね、というくらいの激安(笑)落ち付いて行ってください。 [続きを読む]

受信: 2010年12月10日 (金) 08時47分

« アストン・ヴィラ、ウリエ監督のFWオーウェンへの愛情は変わらず | トップページ | アーセナル、守備組織の向上を見据えるFWアルシャヴィン »