« プレミアリーグハイライト、第17節 | トップページ | ELグループリーグ最終節、結果(15日、16日)マンC&リバプールはそれぞれドロー! »

2010年12月15日 (水)

ブラックバーン、アラーダイス監督を電撃解任!

Rovers sack Allardyce
 先月、ヴェンキーズグループに買収されたばかりのブラックバーン・ローヴァーズは、サム・アラーダイス監督(54/イングランド)とニール・マクドナルド助監督を解任したことを発表した。

 クラブの声明文には、

 「ブラックバーン・ローヴァーズのオーナーであるヴェンキーズグループは本日、サム・アラーダイス監督とニール・マクドナルド助監督の退任を発表しました」

 「ファーストチームの指揮は当面の間、スティーヴ・キーン(現ファーストチームコーチ)が執ることになります」

 「この決断は、クラブのより大きな計画と野心のために下されました」

 「私たちは、アラーダイス氏のブラックバーン・ローヴァーズ・フットボールクラブへの献身に感謝したいと思います」と、述べられている。

 また、アラーダイス監督は、

 「私は、ブラックバーン・ローヴァーズを去ることになり、大変ショックで、残念に思う」と、コメントしている。

 アラーダイス監督は、ヴェンキーズグループが今年11月19日にクラブを買収して以来、解任が囁かれていた。また、アラーダイス監督が1月移籍市場で提供される資金額に不満を抱いていたとも報じられていた。

 かつてボルトンやニューカスルでも指揮を執ったアラーダイス監督は、2008年12月にブラックバーンの監督に任命されていた。プレースタイルに対して非難を浴びることも多かったが、アラーダイス監督率いるブラックバーンは2008/09シーズンを15位で終え、昨シーズンは10位まで順位を上げてカーリングカップでは準決勝進出を果たしていた。

 今回のアラーダイス監督解任は、ニューカッスルのクリス・ヒュートン監督解任に続いて、今シーズンのプレミアリーグで2人目となる。ブックメーカーの予想によると、そのヒュートン監督がブラックバーン次期監督の最有力候補に挙がっているようす。

 Written by Marek

|

« プレミアリーグハイライト、第17節 | トップページ | ELグループリーグ最終節、結果(15日、16日)マンC&リバプールはそれぞれドロー! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/38089493

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックバーン、アラーダイス監督を電撃解任!:

« プレミアリーグハイライト、第17節 | トップページ | ELグループリーグ最終節、結果(15日、16日)マンC&リバプールはそれぞれドロー! »