« ブラックバーン、DFシンポンダと契約解除!Q.P.Rへ加入 | トップページ | ブラックプール、アラーダイス監督解任に不満を抱いていたDFネルセンが2013年まで契約延長 »

2011年1月25日 (火)

バーミンガム、MFラーションからの移籍志願書を却下!

Blues shun Larsson request
 バーミンガムのスウェーデン代表MFセバスティアン・ラーション(25)は、クラブがブラックバーン、アストン・ヴィラ、ウェストハムからのオファーを断ったことを受け、移籍志願書を提出していたが、バーミンガム側はそれを却下したようす。

 ラーションの代理人は、

 「火曜日、セブは移籍志願書を出した。そして、ピーター・パヌ(会長代理)はバーミンガムがこれから新契約を提示するとメールしてきた」

 「志願書を出したのは、セブに対しての扱いに抗議するためだった」

 「プレーシーズン、クラブは彼を売ろうとしていると話した。それから後になって、彼らは新契約についての話し合いを求めてきた」

 「その後、12月、提示された新契約の額は口頭で合意していた額より低かった。なので、普通に断ったよ」

 「それから(アレックス・マクリーシュ)監督がシーズン終了までセブをキープしたいと言ったと思えば、私たちはバーミンガムがニューカッスルからのオファーを受け入れたとのメールを受けた」

 「それでニューカッスルと交渉していたのだが、この水曜日にまた打ち切られた。バーミンガムがセブをキープしたいと考え直してね」

 「バーミンガムはセブを家畜のように扱っている。4度も前進、後退を繰り返すなんて受け入れられない」

 「このクラブはもう少し繊細になって、もう少し品格を持つ必要がある」と、コメントした。

 以前、バーミンガムはニューカッスルからのオファーを受理したことがあるが、ラーションがニューカッスルと合意に至らなかったということになっていた。

 Written by Marek

|

« ブラックバーン、DFシンポンダと契約解除!Q.P.Rへ加入 | トップページ | ブラックプール、アラーダイス監督解任に不満を抱いていたDFネルセンが2013年まで契約延長 »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

移籍情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/38598407

この記事へのトラックバック一覧です: バーミンガム、MFラーションからの移籍志願書を却下!:

« ブラックバーン、DFシンポンダと契約解除!Q.P.Rへ加入 | トップページ | ブラックプール、アラーダイス監督解任に不満を抱いていたDFネルセンが2013年まで契約延長 »