« イングランド、代表キャプテンDFテリーはウェールズ代表FWベラミーとの確執を否定 | トップページ | トッテナム、世界的ウィンガーMFベイルが2015年まで契約延長! »

2011年3月26日 (土)

ボルトン、膝に大怪我を負ったMFホールデンが6カ月離脱もマンUのDFエヴァンスを擁護

Holden facing six months out
 先週土曜日のマンチェスター・ユナイテッド戦にて、DFジョニー・エヴァンスのタックルを受け、膝から出血しながら負傷退場したボルトン・ワンダラーズのアメリカ代表MFスチュアート・ホールデン(25)が最大6カ月の戦線離脱を余儀なくされることになった。しかしホールデンは、当タックルで一発退場となったエヴァンスを責めたりはしていない。

 ホールデンは、

 「ジョニー・エヴァンスから心のこもった電話をもらったところだよ。僕の回復を祈ってくれてる。確実に故意ではなかったよ。ただの試合中の不幸だ」と、コメントした。

 Written by Marek

|

« イングランド、代表キャプテンDFテリーはウェールズ代表FWベラミーとの確執を否定 | トップページ | トッテナム、世界的ウィンガーMFベイルが2015年まで契約延長! »

プレミアリーグ」カテゴリの記事

怪我人情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22805/39375740

この記事へのトラックバック一覧です: ボルトン、膝に大怪我を負ったMFホールデンが6カ月離脱もマンUのDFエヴァンスを擁護:

« イングランド、代表キャプテンDFテリーはウェールズ代表FWベラミーとの確執を否定 | トップページ | トッテナム、世界的ウィンガーMFベイルが2015年まで契約延長! »